趣味や買い物でリフレッシュしたり、キャリアップを目指して勉強する看護師が多い

オフタイムの充実は仕事に好影響

クリニックで働く場合、日勤のみの勤務形態で、土日にしっかり休みを取れるところがほとんどですが、3交代や2交代で働く病棟の場合、勤務スケジュールがローテーションで決められているので、いつも同じ曜日が休日になるとは限りません。

休日は土日ではなく平日になることが多く、また患者さんを相手にするお仕事なので、急に具合が悪くなったり、処置に時間がかかることもあるため、予定時間に勤務が終了するとは限らず、民間企業で働いている友人達と過ごす時間がなかなか取れないのが現実です。

交代制の生活リズムに体が慣れていない新人の頃は、休日は疲れを取るためにひたすら睡眠に充てているちう方も少なくありません。しかし、仕事や勤務形態に慣れると、プライベートのすごし方はその人の工夫次第です。

プライベートの過ごし方はひとそれぞれですが、子供と一緒に過ごすことがリフレッシュになるという人、看護のことは頭から完全に切り離して趣味やアウトドアスポーツに没頭する人、ショッピングや美味しいものの食べ歩きをする人などさまざまです。平日の休日は、デパートや行楽地も混雑していないので、ゆったりと1日を楽しめるという声もよくきかれます。

その一方で、将来のキャリアアップを目指して勉強している看護師も多いのが特徴です。院内での新人教育やレベルアップ教育のほか、看護協会などの関連団体が実施する研修や講演会に参加したり、個人で勉強会を開催したりと、看護師は実によく勉強しています。よりよい看護の提供を行い、自分が理想とする看護師になるためにステップアップしたいとの思い出プライベートを学習時間にしている人が少なくないのです。

自分が専門とする、あるいは興味のある症例の知識を深めるため、専門看護師や認定看護師になるため、保健師や助産師など他の資格取得を目指すため、大学進学のためなど、学ぶ目的は多様です。働きながら大学卒業の資格を得るため、大学の通信教育を受けている人もいます。