入職を希望する施設や時期、雇用形態にあった求人媒体を選びましょう

貴方にピッタリなのはどのタイプ?

堺市内で転職活動を行う看護師の皆さんが、病院や診療所、あるいは民間企業の求人情報を探す場合、インターネット上の「求人情報サイト」から自分に合った施設を見つけて直接応募を行ったり、自分の希望や経歴に合った施設を紹介してくれる「人材紹介会社」を利用したり、都道府県のナースセンターに登録するなど様々な方法があります。

「今は在職中だけれども、半年~1年先を見据えて、とりあえず情報収集だけはスタートしておきたい」方もいれば、「今の職場では身体が持たない!希望に合う施設があれば直ぐにでも転職したい」方もいます。

また希望する雇用形態も常勤、非常勤に分かれますので、以下に挙げる求人媒体のどれが一番よいのかは、ご自身の現在の環境により変化します。それぞれの長所と短所を見極めたうえで、活用してみるのが効率よく求人情報を探すポイントといえるでしょう。

都道府県のナースセンター
転職先を探している看護師と人員を募集している施設の双方が登録を行い、両者の仲介を行っている看護協会の公的機関で、各都道府県に設置されています。直接足を運ばずともインターネットのウェブサイトから登録が行えます。ハローワークとは異なり、相談員が看護職の資格を持っているため、就業に関する不安や悩みにもきめ細かい対応をしてくれるのが強みです。また、ブランクがある方を対象としたセミナーや研修等も定期的に開催しており、離職期間が長い方でも「復職に向けて自信がついた」など高い好評を受けています。

求人情報サイト
総合病院やクリニックの常勤から健診機関やツアーナースなどの単発アルバイトの案件まで、幅広い求人をお住まいの地域、雇用形態ごとに探すことができます。気に入った案件があれば、すぐにでも申し込むことができますが、面接日程の調整等はご自身で行う必要があります。次に紹介する人材紹介サービスとは異なり、職場の雰囲気や離職率、募集の背景といったその施設に関する詳しい情報を把握できないのが欠点です。どちらかといえば、単発アルバイトを複数探したい向きの媒体といえます。

人材紹介会社
ナースフル(旧リクルートナースバンク)やマイナビ看護師に代表される、最近テレビのCMや雑誌の広告等で目にする機会が多くなっている看護師に特化した人材紹介サービスです。サービスに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが転職希望者との面談(あるいは電話)を行い、これまで経験と希望を聞いたうえで、それに沿った求人を複数紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは実際に施設に脚を運び人事担当者と面談を行っているため、ネットや雑誌の情報だけでは分からない「スタッフの雰囲気」「離職率」「募集の背景」などもわかるため、入職後のミスマッチが少ないのが特徴です。また通常の求人媒体には掲載されない希少案件(高待遇、人気の施設、新規オープン等)を非公開求人として、登録者だけに紹介してくれたり、職務履歴書の書き方のアドバイス、模擬面接、さらに希望者には面接に同行してお一人では難しい条件交渉を代行してくれるなど、転職活動が初めての方には心強いサポートがある点も大きなメリットです。

サービスはご登録からご入職まで完全無料となっていますが、大手のコンサルタントの方が経験が豊富で、転職市場に精通している傾向が強いので、有名なところを選ぶ(一つのサービスで十分です)と間違いないでしょう。在職中のため、情報収集に満足な時間を充てられない方にもオススメです。

合同転職説明会
看護師の採用を行っている施設の人事担当者が大型施設に一同に集うイベントです。それぞれの施設はブースごとに区切られており、転職希望者への説明会、PR、あるいは質問を受け付けています。服装、入退場は自由、参加費は無料となっていますので、気軽に参加できることと、一度に多くの施設の担当者と話せることが、このイベントの最大の特徴です。

今すぐの転職を考えていない方でも、現在の採用動向はどうなっているのかを知っておくことは損のないことだと思います。定期的に開催されていますが、その多くが東京・神奈川・名古屋・大阪・福岡といった大都市で開催されているため、遠方の方は参加しにくいのが欠点です。